自己紹介

私たちつつじ点訳友の会は、1976年(昭和51年)1月に東京都練馬区に誕生しました。
会の名称「つつじ」は、練馬区の「区の花」である、つつじに由来しています。
現在、会員は約60名、年齢は30歳代から80歳代までと広く、様々なジャンルの資料を、一人一人が心を込めて「点訳」しています。
点訳の依頼は学校や学生さんからのものが多いため、新学期に特に依頼が集中しますが、会では要望にきちんと対応できるように努めています。

毎月、第1第3土曜日の午後(14時~16時)に、練馬区内の会場で「例会」を開催しています。
例会では、さまざまな講習(数学・独語仏語・古文・エーデルなど)のほか、共通の点訳ルールの確認や、点訳分担者間の打ち合わせを行っています。
5月第3週は「総会」、活動報告、会計報告、新人紹介などを行います。
12月3週は「納会」を行い、点訳依頼者の方も交えて懇談します。

入会を希望される方には、「パソコンによる点訳ボランティア養成講座」に参加いただいています。
4月~翌年3月まで一年間。毎月、第1第3土曜日(13時~15時) 練馬区内会場
参加申し込みは例年3月中旬~下旬ですが、お問い合わせご相談は常時受け付けています。
古谷妙子までメールにてご連絡ください。e-Mail:pekohg[@]syd.odn.ne.jp

このホームページを作るに当たりましては視覚障害者の方のアドバイスと協力を頂きました。感謝いたしますと共にこのページが少しでも役立つものになることと思っております。
これからも私たちの会をよろしくお願いいたします。


2018-Sep-30